SSL暗号化技術で安全なやり取りができる

SSL暗号化技術があれば安全にデータのやり取りが行えます。 - SSL3.0は本当にセキュリティに脆弱性があるのか?

SSL3.0は本当にセキュリティに脆弱性があるのか?

SSLで最も最新のバージョンになっているのが、SSL3.0になっており、リリースされたばかりの頃はこれまでのSSLのバージョンよりもセキュリティ面が向上されているということで注目されていました。
しかし、しばらくしてSSL3.0もセキュリティ面での脆弱性が明らかになったのです。

データの一部が解読可能

従来のSSLと同様に、SSL3.0も個人情報などのデータを一度暗号にしてから遣り取りをするというものになっています。
ですが、SSL3.0の場合、その暗号化されたデータの一部分が外部からでも解読できるということが判明されてしまったのです。

このような脆弱性が見つかったために、SSL3.0のセキュリティ面を不安視するという人も多くなりました。

誰でもデータを解読することができるわけではない

SSL3.0の脆弱性が取り上げられてきましたが、誰でも暗号化されたデータを手に入れたり解読をすることができるというわけではありません。
データの入手をするためには、ユーザーのパソコンにウイルスを送り込んで、大量の通信を行わせたりしなくてはならないのです。
大量に通信を行わせることによって、暗号化されたデータの一部を入手することができるというものになっています。
また、データすべてを手に入れられてしまうというわけではなくあくまでも一部分だけになっていますから、やり取りをしたデータすべてを知られてしまうというわけではないのです。
ですから、脆弱性があるといっても、SSL3.0だから危険だとはいえないのです。
また、SSL3.0だから必ずデータの一部でも盗み取られてしまうということも当然ありません。
攻撃対象になったパソコンやサイトだけです。

まとめ

SSL3.0の脆弱性についてお話をしていきましたが、対策としては、パソコンに導入しているセキュリティソフトを常に最新のバージョンにアップデートして、ウイルス対策をするようにしたり、変なサイトにアクセスをしてウイルスに感染しないように対策をするといったことをすることで回避をすることも可能になっています。
そうすれば、SSL3.0のサイトで個人情報を入力して送信をする場合であっても、個人情報が第三者に知られてしまうリスクを大幅に減らすことができるようになります。
また、サイト運営者で、SSLを導入しているけど不安だというのであれば、SSLからTLSに切り替えるようにして、よりセキュリティ面が高いものを導入することも検討してみると良いでしょう。

関連する記事