SSL暗号化技術で安全なやり取りができる

SSL暗号化技術があれば安全にデータのやり取りが行えます。 - SSKの証明書は大手認証局と中小認証局のどちらが良い?

SSKの証明書は大手認証局と中小認証局のどちらが良い?

会社の場合でも、個人の場合でも、SSLをWebサイトに取り入れるためには、認証局からSSL証明書を発行して貰う必要があります。
そのSSL認証局でも大手認証局と中傷認証局があります。
どちらもSSL証明書の発行をしてくれるということに変わりはないのですが、それぞれメリットが違っています。

中小認証局のメリット

中小認証局のメリットとして挙げられるのは、費用が安くなっているという点です。
ですので、個人名義のサイトにSSLを取り入れようとしているのであれば、中小認証局でも問題はないでしょう。
ただ、大手の認証局のSSL証明書と比べるとブランド力が低いですし、サービスも充実していません。
また、中にはSSLを導入するためのサポートをしていないという認証局もありますので注意が必要です。

それに、以前中小認証局で偽の証明書を発行したり、不正に発行されたものもありましたので、セキュリティが相当低い認証局も存在しているということを理解しておかなくてはならないでしょう。
ですので、これまでに不祥事を起こしてしまった中小の認証局にSSLの証明書を発行してもらうのは、いくら料金が低くても利用するべきではないと思われます。

大手認証局のメリット

大手認証局のメリットは、中小認証局よりも安全性や信頼性の高くなっていて利用しやすいという点になっています。。
サービスも充実していて、サポートもしっかりしてくれていますから、初めてSSLをサイトに導入するという人におすすめです。
また、会社のサイトにSSLを導入する場合も、信頼性の高い大手認証局からSSLを発行してもらうようにした方がいいでしょう。
料金は、中小認証局と比べるとそれなりに金額が高くなっていますが、その分サイトの信頼性を高められるようになります。
また、オプションも中小認証局よりも充実していますから、サイトに合わせてオプションを選び、セキュリティ強化をしていくことも可能になります。

まとめ

このように、個人やショッピングカートなどが設置されていないサイトなのであれば、中小認証局、会社やショッピングサイトとして運営をしていくのであれば、大手認証局を選ぶのが無難といえるでしょう。
また、中小認証局でも大手認証局でも、認証局によってサービスや料金などは違っています。
ですので、求めるサービスや料金などを比較しながら、どこの認証局に申請をしてSSL証明書を発行してもらうのかを決めるようにすると良いでしょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »