SSL暗号化技術で安全なやり取りができる

SSL暗号化技術があれば安全にデータのやり取りが行えます。 - EV SSLの特徴とは?

EV SSLの特徴とは?

SSLでもいくつかの種類がありますが、その中でも一番取得をするのが難しいとされているのが「EV SS」Lと言われるものです。
会社としてWebサイトの運営をしていくのであれば、このEV SSLの導入を検討してみるのも良いかもしれません。

審査時に調べられることが多い

会社としてSSLを導入する場合、実在している会社なのかを調べるというのは、企業認証SSLや独自SSLでも行われているのですが、EV SSLでは、これ以外にも、実店舗や事務所があるのかなども調べることになります。
そのために、EV SSL審査では、登記簿謄本だけではなく、第三者機関である帝国データバンクやDUNSなどで会社としての実態を調べるのです。

さらにドメインを持っている人物と申請をしている人物が同一人物なのかを調べるために、ドメインのWHOISも調査対象になります。

最終段階として、会社の代表者電話番号に対して電話をして、その電話を受け取った人物の権限のをチェックします。
そして、代表者にEV SSLの導入の申し込みをしたのかを確認し、審査に問題がなければSSL証明書を発行してもらうことができるという徹底ぶりになっています。

EV SSLを導入することで信頼性が高くなる!

EV SSLの厳しい審査を通過して取得をしているということは、ユーザーから見れば、それだけ安全性や信頼性が高いサイトだと判断をすることができます。
ですので、アクセスをしてきた訪問者もサイトを見て、安心してサービスを利用することができるということになります。

さらに、他のSSLの種類の場合は公開鍵ボタンを押さなくては、そのサイトの運営者の会社情報などを確認することができませんが、EV SSLの場合は、クリックをしなくてもアドレスバーで運営者の名前などを確認することができるようになっています。
このような点でも、アクセスをした人から「信用できるサイトだ」と思ってもらえるようになるのです。

EV SSLの特徴

このようにEV SSLというのは、審査が非常に難しくなっており、用意をしなくてはならないものや申し込みの手順も他のSSLの種類よりも複雑かつ面倒になっています。
ですので、個人でサイト運営をしている場合は、EV SSLを取得するメリットはないかと思いますが、反対に会社のWebサイトとして、何かしらのサービスをしたり個人情報を取り扱ったりするのであれば、EV SSLを導入することも検討してみると良いかもしれません。

関連する記事